『やりすぎ都市伝説2018秋』55年の歳月を経て眺める月とは?

注意
この記事にはセンシティブな話題が扱われています。よって、各々の個人視点から観覧してください。

この記事では・・・
『やりすぎ都市伝説2018秋』の放送を視聴して気づかされる、間近に迫るイベントについて考えていきたいと思います。

どうも、トッド(Todd)です。

『やりすぎ都市伝説2018秋』をご覧になりましたか?

(ケネディの暗殺には、宇宙人とされる者たちが絡んでいた)ということが明らかになり。ついに地球外知的生命とのファーストコンタクト”バシャール”との交信に立ち会う場面と・・・刺激ある内容でお送りされていましたね。

何やら13人が水面下で動いている、それも最近ではなく昔から。Dの意志について月との関連性を考えさせられる部分もありました。

エドガー・D・ミッチェル(Edgar Dean Mitchell)や、ドワイト・D・アイゼンハワー(Dwight David Eisenhower)など。

今回は、その中でも大きなテーマ軸だと感じたケネディと月の関係性、そして間近に迫るイベントについてのお話です。

ケネディ暗殺の経緯として・・・

ケネディといえば、アポロ計画が有名ですね。

第35代 アメリカ合衆国大統領 ジョン・F・ケネディは、なぜ?暗殺されなければいけなかったのか?

それは放送でも語られ、宇宙人とされる者たちの事について公表しようとしたからであり、それまでの神の定義を崩してしまう危険性があったからであると言われていました。

よって、19631122日()に暗殺されました。

ココにあるのは、月、宇宙人、暗殺です。

『やりすぎ都市伝説2018秋』の放送日が2018年11月9日だった理由とは?

本編?LINEライブ?だったかは、忘れてしまいましたが放送日が9日であることに意味があるようなニュアンスをはじめの方で言っていました。

どうしてそんなことを言うのか?

まずはコチラを見てほしい↓

放送日の前日にあたる2018年11月8日新月であり、月のすべてが欠けるとき。

これからは月の時代であることが印象づくほど、口を酸っぱくして伝えられていましたよね。

つまり、

新月のタイミングから放送日を考えるとに対してのやりすぎ都市伝説との関係性は間違いなく意味があると捉えていいと思います。

新月から満月へ月が満ち始めるタイミングでもありますから、次にくる満月の日に目を向けるためのメッセージであるという見方も取れますよね。

そして、次に訪れる満月のタイミングが20181123です。画像では+1という表記で言い表していますがそこにも意味があると思い、そうしています。

あとで言います。

ケネディが暗殺された日付はさっき出しましたが、1963年11月22日(金)です。

そして、明くる日の満月の日は2018年11月23日(金)です。

55年と1日。

この数字の意味を認識することが、今回のやりすぎ都市伝説の放送日にかかわる理由だと思います。

55と1の意味とは?

数字には意味があるというのは占いやスピリチュアルに関心がある方でしたら、理解度は大いに異なるでしょう。

今回は、こちらのページを参考に自分でも見てみた中からまとめたモノを書いておきました。

参考 エンジェルナンバー55数字の意味Number Voice 参考 エンジェルナンバー1の意味Number Voice

55の意味

答え

55という数字には5の2倍の意味合いを持っているとされているそうです。

5の意味では【変化】という意味があるそうです。

その2倍の意味合いを持つことから【大きな変化の訪れ】を意味するんだそうです。

1の意味

答え

1は始まりの数字で【絶対】という意味があり、何かが新しく始まるそうです。

新しい物事に対して臆することなく自分を信じ、思考を意識し自己の目的に立ち向かっていくチャンスであると。


まとめ

簡単な数字の意味に関する説明になりましたが、自分の意志で知りに行く姿勢が意味の具合をより考えさせれ、大切な事だと思うので調べてみるのも良いでしょう。

ケネディの暗殺から歳月を経て現れた数字は55。そして意味は『大きな変化の訪れ』55年に+1Dayを加えた間近に迫る2018年11月23日(金)の満月は本当のスーパームーンなのかもしれません。

信じるか信じないかは、あなた自身です。(わざと)

Fin.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。