只今、PHPを学習しております

STINGER8からLIONBLOGにWordPressテーマを変更し、良かった点などなど・・・

どうも、こんにちはトッド(Todd)です。

当ブログはですね、WordpressテーマをSTINGER8からLIONBLOGに変更いたしました。

というのも、stinger8はカスタマイズ性が自由であるという点で私はテーマとして採用しておりましたが、そこに足を取られまして日夜カスタマイズという部分に没頭する日々が続き、

結果、投稿に滞りをさせてしまう事に陥りました。

決してstinger8が悪いという事ではなく【カスタマイズに没頭させられた】それぐらいにカスタマイズ性のあるテーマであった、夢中にさせてくれた。と、感謝しております。

おかげさまでHTMLやCSSなどの基礎的な部分に関しまして勉強させていただきました。

コレを機にテーマをLIONBLOGに変更し、THREE FROGを新しい発信の場としていきたいと思います。

今回はですね、そんなLIONBLOGについて好印象またはテーマに採用した決め手などなど、テーマを決めることに悩んでいる方の為になればと思います。

表示速度が速い!?

なぜ、表示速度が速いのか?正直くわしくは分かりませんがjavascriptを使用していないことが速さの秘訣だそうです。

素人の私にとってこういった専門的なディープな内容に関してどうこう言うのは苦手なので簡単に比較しますと、以前までstinger8を使用していた時よりも感覚的にですが、速くなっているという印象は確かにあります。

基本的にカスタマイズをしようと思う部分が少ない

LIONBLOGをWordpressのテーマにしようと思った理由はまさに、ここにあります。

「基本的にそのままで十分だ」

私はカスタマイズを極力考えることないテーマを探していたわけでその結果このテーマにたどり着いたわけですから、そのままで十分なデザイン的な仕様に満足しております。

多少の変更はしてみましたが、言っても「文字の大きさ」「見出しのデザイン」「色」「記事パーツの見た目」を変えたぐらいで、ほとんどがデフォルトの状態なんですよ。

カスタマイズに関して浅い知識しか無くてもこのテーマでは十分なデザイン性を見出すことが出来ると思います。

広告の配置が簡単である

stinger8でも広告の配置箇所というのは簡単に設置できるようになっていて簡単でしたがLIONBLOGはそれ以上に簡単かつ整理整頓された仕様になっております。

具体的にどこが良いと思ったかと言うと、広告エリアの囲いの標準装備ですね。意外と広告を貼り付けるときに「コレは広告ですよ!」と、分かるようにスポンサー表記だったり、Advertisement表記というのを書いておく必要がある事ってあるじゃないですか?。

それが当サイトの広告箇所を見てもらえるように、広告のコードを貼りつけた時に標準で記してくれるっていうのは細かいカスタマイズを難所に感じる私なんかにとってはありがたい仕様だと思います。

配置自体も簡単で広告コードをウィジェットにコピペするだけで表示することが可能でした。

SNS等の連携が標準装備

これは、最近では嬉しい機能だと言えると思います。Facebook・Twitter・Google+・はてブ・pocket・LINEの各種シェアボタンがするかしないか?というのがチェックをいれるか入れないか?で簡単に切り替えることが出来るっていうのも良さなんじゃないでしょうか。

Facebook・TwitterCardsのOGPに対応していてこれもプラグインとか一切必要としなくても良くて、必要な項目を記入するだけで設定が完了する手軽さも便利に感じました。

プラグインを必要としない機能が備わっている

記事のランキング表示であったり、関連記事の表示に関してもプラグインが必要なかったりと、全体的にプラグインを使わなくても出来る機能が多いのででプラグインがごちゃごちゃしてしまうという心配もないですし、本当に機能面で優れているテーマだという強い印象を抱きました。

詳しくはね、僕がなんか細々と話していくよりも、公式のホームページを見ていただいた方が分かりやすいと思います。

まとめ

はい、という事でstinger8からLIONBLOGにテーマを変更しましたよっていう話から、簡単にですが実際に変更してみて感覚的になんですが、テーマの良さ等についてお話させていただきました。

これから、THREE FROGは記事の投稿を再開していきたいと思っています。内容はですね、ほとんどが自分が好きな事だったり気づいたことだったり学んだ事というような何の変哲もない内容を発信していくことになるかと思いますがよろしくお願いします。

最後まで読んでいただき有難うございました。

Fin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。