ブログのテーマを『LION MEDIA』から『SANGO』に変更したので、初感と良いところ

珊瑚に魅了された1匹の魚、MOGAKUN(@ThreeFrogblog)です。

ずっと憧れていたテーマ

『SANGO』

SANGO

とにかくオシャレで、フワッとした雰囲気を兼ね備えつつ、目になじむ配色レイアウトがたまらないテーマです。

そんな『SANGO』テーマを変更しました。


記事の概要
初めての有料テーマに『SANGO』をチョイス。実際にテーマとして導入してみた所感を話して行きたいと思います。

満たされないカスタム欲求に終止符を打つ為、テーマを『SANGO』へ

どんな無料のブログテーマを使っていてもデフォルトでは気が済まず、カスタマイズを繰り返す先に、レイアウトを考える度に、常にSANGOの雰囲気が漂うになってしまう。

それぐらい、このテーマに一目惚れしてしまっていた・・・

テーマを変更する理由は人それぞれだから・・・

MOGAKUN

過去のテーマ変更歴で言うと、

『STINGER8』(無料)

『LION BLOG』(無料)

『LION MEDIA』(無料)

『SANGO』(有料)→現在

初めて有料テーマがSANGOという事になります。

値段は10800円と、安い買い物では無かったが、期待以上に驚きあるテーマの仕様だと感じました。

比較材料が無料3に対して有料1だから頼りないかも・・・

MOGAKUN

驚き仕様の\ PICKUP /

1ショートコード&スタイルの標準装備がハンパない

2シェア機能の動線がビビッとくる

ホントはもっとあるはずだけど、今舞い上がってるから・・・

MOGAKUN


ショートコード&スタイルの標準装備がハンパない

僕にとってはコレが当たり前って感覚なんだけど、見出しって普通「h2」「h3」「h4」だいたいこのぐらいでスタイルって決まってるよね?

コレを見てくれよ▼

参考 SANGOのショートコード一覧SANGO

これ、買ってから気づいてさぁ~涙が出てくるよぉ~( ;∀;)

要は、ココに書いてあるショートコードのスタイルはCSSにすでに織り込み済みでビジュアル又はテキストエディターにコピペしたら、何にも触らなくても反映されちゃう。

だから、記事によって見出しの印象とかを書き分けることが出来る仕様ってことだよ。

やーばいよ。

MEMO
ショートコードの種類がたくさんあるから、把握するのが大変だ。AddQuicktagを使用してもそれでも豊富で、慣れるまでは「宝の持ち腐れ」状態が続くだろう。

でも、逆に考えればそれだけ手打ちでコードのスタイルを触る必要も無くなるし、慣れてきて、手足のように扱うことが出来るようになれば記事ページでの表現幅は広がるよね。

シェア機能の動線がビビッとくる

 

SANGOにはモバイル専用で、フッター固定メニューがあります。

無料のテーマにはあんまり見られない機能で、(カスタマイズすれば出来るんだけど・・・難易度が。)仮にあったとしてもシェア機能は無いパターンが多かった。

有料テーマならある。

そういう感覚だったんですけど、特にSANGOのシェア機能の動線&デザインが最高。

記事シェアのチャンス箇所
  • フッター固定メニュー
  • 記事タイトル見出し下
  • 記事下

シェア機能がある位置というところでは、どのテーマでも大体同じようなところにある事には変わりはないんだけど、エフェクトに心躍る。

どこ押せば良いのか?そんな疑問が発生しないし、動きが楽しい。

さすが、マテリアルデザインである。

まだ1日・2日だけど、

初めての有料テーマ『SANGO』の初感評価

SANGOの評価
デザイン
(5.0)
使いやすさ
(4.0)
値段
(3.0)
総合評価
(4.0)

あとがき

SANGOの初感について、舞い上がりながら書きました。

テーマを変更して昨日今日のことなので細かな話はできませんでしたが、後悔のないテーマ変更になりました。

有料テーマって・・・最高!

MOGAKUN

 

Fin.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。