只今、PHPを学習しております

記事内の広告配置を簡略化!WordPressプラグイン【AdSense Manager】導入

記事内に広告を載せようと思った時に記事作成の度に、コピペを繰り返してっていうのは手間のかかる作業になりますよね。 そんな時は、WordPressプラグイン【AdSenseManager】を使うと作業短縮になるので便利です。 このプラグインは、ショートコードを作成することで記事内に広告を貼りつけたいと思った時に広告の挿入を簡単にしてくれます。 今回は、AdsenseManagerの導入から設定までの解説をしていきたいと思います。 [ad#ad-1]

Adsense Managerの導入

Wordpressで作ったブログサイトの広告設置を簡単にしてくれるプラグインとして有名なAdsense Managerを有効化してみましょう。 まずは、Wordpress管理画面から「プラグイン」→「新規追加」へ進みます。 そして、検索欄にAdsense Managerと検索をするのですが、出てこないことがあるので制作者名の「 Martin Fitzpatrick 」で検索すると1発でヒットします。 このプラグインが本物になります。↑ これをインストールして有効化をします。 次に、Wordpress管理画面の「投稿」にカーソルをもっていくと「Ad Units」と書かれた部分が表示されるようになるのでクリックをします。 すると以下のページが表示されるので記入をしていきます。 この赤枠の中に取得したアドセンスコードを貼り付けたらimportをクリックします。 1.ここで記入する名前は記事内に広告を挿入する時にテキストエディター内で打ち込む名前になるので、簡単で短い名前にしておくと良いです。 今回は、例としてadsenseという名前で設定しています。 実際にテキストエディター内に書き込む際は〔ad#adsense〕となります。 2.ここは全てYESにしておきましょう。 以上でAdSenceManagerの設定は完了です。

実際に使用する流れ

今回は記事内にアドセンス広告を載せる事が目的なので記事内を想定に実践してみます。 WordPress管理画面から『投稿』新規追加を選択します。 そして、投稿編集画面でテキストエディターを選択しad#〜先程作った名前を記入します。 そして、プレビュー表示にて広告の掲載が確認できたら成功です。 最後まで読んでいただきありがとうございました。    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。